あっ…アナタは対象外です!オトコが出している「脈ナシサイン」3つ

   

スポンサーリンク

男性とLINEのやりとりなど、結構仲良くしているはずなのに、どうしてか全然進展しない……。

それ、脈ナシサインを度々送られていませんか?

今回は、男性がほのかに発している、“脈ナシサイン”をご紹介します。

こんなサインが出ていたら、いさぎよく身を引いて。

 

1:落ち着いたらこっちから連絡する

「今度飲みに行こうよ!」と誘ってみたら、「わかった! 今ちょっとバタバタしているから、落ち着いたらこっちから連絡するね!」と返信が来た。

そして、待っているのに、いつ落ち着くんだか、さっぱり連絡が来ない!

という経験はありませんか? これはまさに脈ナシサインの代表格。

そもそも、誘ってみたら「こっちから連絡する」と言われた、それが彼の答えです。

あなたのお誘いには乗れないよ、というサインなんですよね。

これを、いつ連絡くれるのかなーっと首を長くして待っていても、ムダ。いつまでも連絡は来ませんよ!

スポンサーリンク

2:その日仕事あるんだよね……(リスケなし)

食事や飲みに誘ってみても、なかなか乗ってこないし、勇気を出して具体的な日取りを提示してみたところ、「その日仕事なんだよね」と言われてしまった! ……という経験のある方は多いのではないでしょうか。

この場合、脈アリの場合は「この日なら大丈夫なんだけど」という提案がありますので、リスケの提案が来ないようなら脈ナシの可能性大!

そもそも、脈アリの場合は“仕事”とか“忙しい”というフレーズを出さず、「その日は空いてないけど、○日なら空いてる!」と即答してくることがほとんどです。

「仕事なんだよね……」「忙しいんだよね……」はオトコの定番の脈ナシサインなのです。

ちなみに、そのまま1でご紹介した、「落ち着いたらこっちから連絡するね」につながっていく脈ナシパターンも多いのですよ。

スポンサーリンク

3:あっ、じゃあいいや……すぐ諦める

連絡先を聞かれたときに、誰にでも教えていると思われるのが嫌で、「連絡先教えてよ」「えー、ほんとに知りたい?」なんて言ってみること、ありませんか?

ここで、「そりゃあ、知りたいよー」とか、「まあ、いいじゃん、教えてよ!」と食いついてくる男性は、「チャラい……」のではなく、むしろ脈アリのことが多いのです。

合コンでは、とりあえず社交辞令で連絡先を聞こう……という男性も多いもの。

脈ナシの社交辞令だった場合には、相手も面倒な女は嫌ですから、「ごめんね、嫌だよね」とか、「あっじゃあいいや」なんて、連絡先の話はそこまで!となってしまいます。

裏を返せば、合コンのときに、ちゃんと脈アリの男性だけを絞り込みたいのなら、連絡先を聞かれたときには一旦渋ってみること。

誰にでも教えてしまうと、「じゃ、今度連絡するね!」なんて言われるのに連絡が来ない……という、悶々とした状況に陥りやすいのです。

誰でもいいからとりあえず付き合いたい……というような切羽詰まった状態なら、連絡先は多く交換しておくに越したことはありません。

しかし、ある程度相手を厳選したいと思うなら、「連絡先教えて」と言われたときに、「本気で知りたい?」と切り返してみると良いでしょう。

社交辞令はうまく見抜いて!

男性の脈ナシサイン、それは9割がた、社交辞令から構成されています。

基本的に、男性は本気度が高ければ高いほどグイグイと攻める生き物。

相手をいかに本気にさせるかが、女性の腕の見せ所とも言えますが、脈ナシの相手にスキルを発揮するのも勿体ないですよね。

社交辞令はうまく見抜いて、ダメなら次!へと切り替えましょう。

スポンサーリンク

 - 男女 , ,