ピンチ!冷めてる彼に「絶対に手放したくない」と思わせる秘技3つ

   

スポンサーリンク

残念なことですが、どんな仲良しカップルや円満夫婦にも、遅かれ早かれ倦怠期というものが訪れます。

この倦怠期に上手く対処しないと、仮面夫婦のような状態に陥ってしまうので本当に恐ろしいのです!

もし彼のサインに気づいたら……「絶対におまえを手放したくない」と思わせる最終奥義を3つセレクトしてお届けします。

 

秘技1:プラスな思いを伝えまくる

一緒にいる時間が長くなってしまうと「好き」「嬉しい」「楽しい」「ありがとう」「幸せ」といった言葉を、ついつい省略するようになりがちです。

一方で、相手に対する文句や嫌なことに対する指摘などは、ハッキリ言ってしまうもの。こういった日々の積み重ねが、彼の心を冷めさせる原因になってしまうんですね。

なので、彼へのプラスな思いをどんどん伝えまくりましょう!

もちろん彼の良いところを褒めると効果バツグンですので、積極的に伝えてあげましょうね。

スポンサーリンク

 

 

秘技2:笑顔を見せる

人間って、意識していないとだいたい仏頂面になっているものです。

それが良くも悪くも慣れてきた彼の前だと無防備な表情になりやすく、結果的に仏頂面な顔を彼に長く見せ続けることになるわけで……。

だからこそなんだか倦怠期の予感を察知したら、意識的に笑顔を浮かべるようにしてください。

視覚から受ける影響というのは大きいため、ニコニコ笑顔を浮かべてくれるあなたの姿に、彼の冷めそうになっていた心も温まっていくことでしょう。

スポンサーリンク

 

 

秘技3:キスを仕掛ける

吊り橋効果という有名な恋愛心理学があるように、人間は一緒にドキドキを体験した相手に、恋に似た感情を覚えやすい傾向にあります。

つまり、わざとでも演技でも、彼を“ドキッ”とさせることで、彼はあなたへの恋心を復活させてくれるわけです。

なのでオススメなのがキス! 日本人は恋人同士であってもあまりキスをしない人種です。

だからこそ、恥ずかしがりながらでも良いので、あなたから彼にキスを仕掛けてください。

さらに家の中だけでなく、人に見られない車の中や物陰などでちょっと大胆にキスを仕掛けてみれば、彼も付き合い始めの頃のようなドキドキを思い出してくれるでしょう。

 

スポーツ体験やホラー観賞でもOK!

また、キスがどうしても苦手という女性は、代理案として彼と一緒にスポーツやホラーを体験してください。

とにかく一緒にドキドキすれば効果が出ますので、ボーリングやバッティングセンター、ホラー映画観賞などでも十分彼にドキドキを思い出させることができますよ!

 

 

「こんな基礎的なことで大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、むしろ、こんな基礎的なことを彼の前でしなくなってしまったからこそ、倦怠期が発生するわけです。

彼との関係に慣れるというのはもちろん良いことですが、その慣れに甘んじすぎないよう、定期的に今回のテクを使って上手に倦怠期を打破してくださいね!

スポンサーリンク

 

 

 - 男女 , , ,