「愛してる」がなくても…彼があなたのことを本当に好きなサイン

   

スポンサーリンク

「彼って本当に私のこと愛してくれているのかな……」

女性ならば、誰でもこんな不安に駆られたことがあるのではないでしょうか?

日本の男性の多くは面と向かって「愛してるよ」なんて言ってはくれません。

だからこそ相手が発している、愛してるのサインを見逃さないようにしないと。

特に女性が見落としがちな、彼の「愛してるサイン」を2つセレクト。

 

1:サプライズプレゼント

あなたは彼からサプライズでプレゼントをもらった経験はありますか?

もしもあるなら、それが彼からの「愛してるよ」のサインだということに気づいてあげましょう。

男性は本当に相手のことを考えていなければ、サプライズでプレゼントしようなんて思いません。

サプライズをするためには、事前に彼女が喜ぶものを一人で選んで、それを買って、さらにどんな風に渡すといいかまで考えなければいけないんです。

結構面倒ですよね。

でも、それはあなたの喜ぶ顔が見たいが故にできることです。

そうでなければ、彼女が「これ買ってー」と言うものを買い与えておけばいい話なんですから。

彼があなたのためにいろんなものを必死で選んでいる姿を想像したら、彼の愛を感じられませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

2:打ち明け話

男性って自分のことをなかなか人に話しにくいものなんです。

これって女性からすると理解しづらいことかもしれませんね。

女性は自分のことを友達や恋人・家族などに話して、悩みや喜びを共有しようとします。

ですが、男性がこれをしようとするのはゴク身近な相手にだけ。

だからこそ、ささいなことでも、彼が子ども時代のことなどを話してくれたら、それはあなたとの距離を縮めたいが故の行動だとわかってあげてください。

彼にとって、あなたが大事だからこそ話せる内容なんですから。

スポンサーリンク

 

 

男女は違うものと理解する

1、2以外のことでも、男性が愛を表現する方法はたくさんあります。

ですが、それは女性の表現方法とは違うことも多いのです。

多くの男性は恥ずかしがり屋で、プライドが高いですから、簡単にあなたにわかるような形で愛を表現はしてくれないかもしれません。それに一人ひとりその表しかたは違います。

 

結局最終的に、自分が愛されているかどうかを知る方法に正解なんてないのかもしれません。

ですが、相手のサインをしっかりと受け止めてあげることで、愛を感じられるようになるでしょう。

ひとつだけ、絶対にいえることは、自分が相手を愛してあげないと、相手からも愛されないということです。

これを肝に銘じて「愛が欲しい欲しい」ばかり言わないようにしましょうね。

スポンサーリンク

 

 

 - 男女 , , ,