声に出す必要なし!態度で伝える「抱いてほしいのサイン」3つ

   

スポンサーリンク

愛する男性と抱き合うのって至福の瞬間ですよね。

彼の腕の中でぎゅっと抱きしめられるのが、一番幸せを感じるときだという女性も多いことでしょう。

しかし、女性の方から「今すぐ抱きしめて!」と男性に言葉で伝えるのは、どこか恥ずかしいですよね。

そこで今回は、男性に今すぐ抱きしめてほしいけれど、そう言うのは恥ずかしいというシャイな女性のために、“声ではなく態度で男性に抱きしめてほしいという意志を伝えるテクニック”について見ていきたいと思います。

 

■1:両手を広げてみる

男性にぎゅっと抱きしめてほしいと思ったら、まずは両方の手を大きく広げてみましょう。

人間、両腕を大きく広げたら、それは“ハグして”のサインです。

男性はあなたの腕の中に飛び込み、抱きしめてくれることでしょう。

両手を広げ“おいで”の意志を示すだけで、男性は簡単にあなたを抱きしめてくれるのです。

スポンサーリンク

 

 

■2:彼の横にすり寄ってみる

もし彼が座っている状態ならば、その隣にすり寄るようにして座り、そのまま彼へ自分の身体を預けましょう。

隣に座る女性から体重をかけられた男性は、あなたのことを支えようとして腕を伸ばすはずです。

そうなったらそのまま男性の胸へと重心を移動するだけで、抱きしめる準備は完了です。

女性にすり寄られた男性は、抱きしめやすい位置に女性の身体と自分の腕があるので、そのまま自然とあなたのことを抱きしめてくれることでしょう。

スポンサーリンク

 

 

■3:キスしたときに彼の首に手をまわす

キスした状態から、自然な感じで男性に抱きしめてもらう方法もあります。

まずキスをしている最中に、両方の手を男性の顔に当て、そのまま首の後ろへと手をスライドさせましょう。

首を触られた男性は、前のめりになりますから、自然とあなたのほうへ密着するようになります。

そうなると、もう二人の距離感は“抱き合っている状態”と同じです。

男性もそれがわかりますから、その腕をあなたの背中へとまわし、キスしながらぎゅっと抱きしめてくれることになるんです。

 

いかがでしたか?

声に出して「抱きしめて!」と言わなくても、それらしい雰囲気を醸し出すことさえできれば、男性は自然な流れであなたのことを抱きしめてくれます。

これらのテクを参考にしながら、彼とのイチャイチャタイムを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

 

 

 - 男女 , ,