コレが男のスイッチ!「されたら恋に溺れちゃう…」ラブしつけ3つ

   

スポンサーリンク

男性にも、いわゆる“恋愛モード”にカチッとスイッチが入る瞬間があります。

このスイッチの押し方を知っていれば、カレの心は自由自在、あなたの思うがまま……。

そんな男性の“恋愛スイッチ”の押し方を知りたくはありませんか?

カレを恋愛モードに落とし込む“しつけ”のやり方をご紹介します。

 

ラブしつけ1:毎日LINEで会話

男性が恋愛モードに変わる瞬間……。そのポイントはありますが、どのタイミングにどの言葉でそのスイッチが押されるかは、やはり個人差があります。

そこでやっておきたいことは、毎日、少しでもいいから、LINEで会話をすること。もちろんできるならば、たくさんしたほうがいいのは、言うまでもありません。

好きっぽく甘えたり、他の男性とイヤイヤ遊んでいるように見せたり、欲望全開にして誘われ上手になったり、彼氏ほしいアピールをしたり……。

 

男子の恋愛スイッチを、パチンと指で弾けるようなLINEを意識して、たくさんコミュニケーションしましょう。

スポンサーリンク

 

ラブしつけ2:会ったらスキンシップ

男性が恋愛モードに変わるスイッチは、外的な刺激によるところが大きいです。

もちろん、男性が大好きな“恥じらい”や“チラリズム”を、胸やスカートなどをおさえるしぐさで表現するなど、見た目で刺激するのも効果的。

 

ですが、さらに効果的なのは、直接触るボディタッチ。スキンシップを重ねることですね。

不意に触るボディタッチや、ツッコミ代わりのボディタッチ、笑いながらのボディタッチなど、自然に男性を触れる方法は、たくさんあります。

積極的にいきたいのであれば、筋肉を触らせてもらうのも手ですね。

 

手で触るだけでなく、なんとなく近づいて体を寄せるテクも有効です。

スポンサーリンク

 

ラブしつけ3:好きになりそうアピール

自分から告白する必要はないですが、ギリギリのところで、“君のこと、好きになりそう……”ということをそれとなく伝えることも有効。

好きになってくれる人が好き!というのは男性にも多いですから、非常に効果的です。

好きになりそうアピール……といっても、そんなに難しいものではありません。

相手の話をよく聞いたり、なにかと絡んだり、LINEで凝ったメッセージやスタンプを送ったりするだけで、鈍感な男性もなんとなく気づいてくれます。

 

相手に“好き”の気持ちが伝わると、今度は軽く“嫉妬”もしてくれるようになります。カレが嫉妬に気がついたとき、それが“恋愛スイッチ”がカチッとオンになったときです。

 

男性が恋に溺れてしまう恋愛スイッチの押し方をご紹介しました。好きな人相手にだったら、簡単に楽しくやれそうな行動ばかりでしたね。「練習しなきゃ!」と好きじゃない人相手に試してはダメですよ。

スポンサーリンク

 

 - 男女 , ,