93%がデブ…!? アラサー女が優先的にケアすべきボディパーツとは

   

スポンサーリンク

やはり女性にとって30歳という年齢は大きな“節目”の一つですよね。

30代になると、やっぱり一番気になるのは身体の変化、特に“脂肪”ではないでしょうか?

大鵬薬品工業が500名の30歳以上の女性に実施した調査結果を参考にしながら、女性たちが感じている身体の“脂肪”についての意識をご紹介します。

 

30代になると太って脂肪が落ちにくくなる!

調査の結果によると、なんと30歳以上の女性の93%が「10~20代のときと比較し、脂肪が落ちづらくなってきた」と回答。実に9割以上の女性が、30代に入ると脂肪が落ちにくくなると答えているという結果です。

さらに、61%もの女性が「ここ数年、ダイエットを始めては諦めるを繰り返している」と答えており、30歳を過ぎると、女性の脂肪問題は20代よりもさらに深刻なものとなることが予想されます。

やはり、まだ脂肪が落ちやすい20代の頃から、できるだけスマートな体型を維持することが30代以降を素敵に過ごす際のポイントになってきそうです。

スポンサーリンク

 

20代からの下半身引き締めは大切

続いて30歳以上女性が“脂肪が落ちづらいと感じている部位”について質問を行ったところ、52%の女性が「ふともも」、39%の女性が「ヒップ」と答えており、30代になると下半身太りがやっかいな問題として浮上してくることがわかります。

脚など下半身の“太さ”は外見の第一印象として強く男性の心に残ってしまうもの……。脚が太いと上半身がスリムでも、男性に「あの子、太ってるな」と感じさせてしまうのです。

まだ脂肪の落ちやすい20代の頃から、下半身のケアを優先して行っておかないと、30代に入ってから後悔することになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

やっぱり一番気になるのは“ウエスト”

同じ調査の中で、“脂肪が落ちづらいと感じている部位”の第1位になっていたのは、69%という圧倒的な回答率で“ウエスト”でした。

やはり「アラサーになるとお腹に脂肪が付き始める」という話は本当だったようで、30歳を超えるとお腹周りの脂肪が絶望的なまでに落ちなくなってくるようです。お腹がぽっちゃりの自分なんて想像もしたくありませんよね。

やはり脂肪が落ちやすい20代の頃からお腹周りは常に注意を払い、普段から腹筋などで引き締めを心がけておかないと、30代に入ったときに後悔してしまうのかもしれません。

 

「私はまだ若い!」と思っている人でも、30代はすぐにやってきます。将来後悔しないためにも日ごろから身体のケアには意識を向けておいてくださいね。

スポンサーリンク

 

 - 男女, 美容 , ,