反省も後悔もナシ…!「隠れナルシスト男」が隠せない3つの特徴

   

スポンサーリンク

ナルシストというと、「いつも格好つけて自分が大好き」な印象がありますが、心理学的には、「自分の存在意義を誇張し、人からの憧れを強く求め、他人への同情心が欠ける人」のことです。

そんな男に引っ掛からないようにするためにも、隠れナルシストの特徴を3つご紹介します。

 

1:絶対に自分の非を認めない

統計によると、ナルシストと恋愛関係にあった人は、その相手から一度も謝られたことがない人が多いことが明らかになったのだそう。

ナルシストは人への同情心に欠ける傾向が強いため、「相手に悪い事をしてしまった……」と反省したり後悔したりする気持ちに欠けるようで、その結果、「ごめんね」という一言が言えないのではないかと専門家が意見しています。

ナルシストは、一見自分に自信があって安定しているように見えますが、実はガラスのようにもろく、貝のように中身が空っぽなのだとか。

なので、交際相手に放っておかれると不機嫌になるし、自分を立ててもらえないと、怒り出すこともあるのです。

もし、デートしている男性が、常にあなたのアテンションを必要として、ダメ出ししたら憤慨するタイプなら、隠れナルシストかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

2:あまり交際相手のことを知ろうとしない

誰かのことを好きになったら、その人について、いろんなことを知りたくなりますよね。

今まで旅したところで一番好きな場所はどこだとか、仕事や趣味、過去の恋愛経験など聞きたいことは山のようにあるはずです。

ところが、ナルシストは全てを自分中心にしてしまうので、会話の話題はもちろん自分について。

もし、話し相手が他の話をしていると、その話題に関した自分の話に流れを変えてしまうのです。

ナルシストに個人的な話をすると会話を遮られたり、「自分の意見は大切ではないのかな……」と思わされてしまうことも。

ナルシストとの会話の後は、相手について多くのことを知ったような印象を受けるのに、相手があなたのことについて知ることはない……というパターンに陥りがちに。

彼が自分のことばかり喋って、会話のキャッチボールができないタイプなら、ナルシストの可能性があると思って注意した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

3:批判を受け付けない

自分の非を認めないのですから、当然ながら、ナルシストが人の批判を受け止められる訳がありません。

なので、交際相手とケンカになると、完全に相手をシャットダウンして、音信不通になることがあります。

メッセージを送っても返信がないし、話す機会があっても無視などされてしまうのです。

ナルシストは、人から憧れて敬愛の意を示してもらうことで自分の価値を見い出すので、不平不満やダメ出しは禁物かもしれません。

ですが、カップルだったら意見が合わないことがあって議論し、時にはケンカするのが当たりまえ。

それなのに、ナルシストの彼とはケンカもできずに文句の一つも言えないなんて、健康的な恋愛関係を築くことは難しそうです。

 

もしかしたら、意外と“隠れナルシスト”が近くにいる場合もありそうですね。

気になる彼やデートし始めたばかりの男性が、ナルシストの気がないかどうか、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 男女 , ,