「食事に行こう」は本当に食事だけ?本音と建前がある男のセリフ4つ

   

スポンサーリンク

男性は時に本音とはまったく違う、いわゆる建前を使って女性を困惑させます。

「彼の本音が分かればこんなことにならなかったのに……」という経験がある女性もいるかと思います。

今回はそんな建前なんかに騙されない! 男性がよく使う本音とはまったく違う建前フレーズを紹介します。

 

1:「食事に行こうよ」=「Hしようよ」

「食事に行こうよ」と誘われたのでOKしたら、遅くまで帰らしてもらえなくて困ったり、無理やりホテルに連れ込まれてしまったりした経験がある人は多いかと思います。

特に35歳以上、アラフォー世代に多いのですが男性は食事を一緒に行ってくれるということは自分にかなり気があると勘違いしています。そのため、その後もOKだろうと思ってしまうようです。

女性からするとただ美味しいごはんを食べたいだけとか、相手の話が聞きたいだけなのに「食事OK=H OK」と勘違いして「食事に行こう」と誘ってこられても迷惑な話ですよね。

 

2:「彼氏いそう」=「遊んでそう」

男性の言う「彼氏いそう」は「男のニオイがする」という意味。服装や、生活スタイルで男がいるかいないか見極め、「いない」と女性側が言っても、いそうな場合はこの表現を使い、疑いにいかかることが……。

「彼氏いそう」と言われたら、自分がフリーだということを信じてもらえてない、彼氏はいないけど男はいる、「遊んでそう」と思われているかもしれないですよ。

スポンサーリンク

 

3:「付き合おう」=「H

しよう」

お互いのことをよく知らないのにすぐに「付き合おう」と言ってくるのは身体目当てでしかないですね。一番最悪なパターン。

流れでOKすると、その瞬間「付き合ってるんだからいいでしょ?」と体を求めてきておいて、音沙汰ないパターンが多いので気を付けてください。

似たような言いまわしで「付き合ってみない?」というのがこれまた厄介。上記は一応付き合っているので彼にいろいろ問い詰めたりすることができるのですが「付き合ってみない?」というのはまだ付き合っていない状態。その後連絡なくてもこちらは何も言い出せない立ち位置になってしまいます。

どれだけ素敵な人であっても、いきなり「付き合おう」「付き合ってみない?」と言われたら警戒しましょう。すぐにOKしてはダメです。

 

4:「年上ウケよさそう」=「生意気」

男性に「年上ウケよさそうだね」と言われたら、これは褒め言葉ではないです。男性からすると「自分たちの世代には構いきれない=生意気」ということ。

「自分たちより上の世代ならその生意気さも可愛いと思ってもらえるんじゃないの?」といった皮肉の混じった建前になります。

「年上ウケよさそうだね」とか「年上から好かれそう」と言われたら相手に少し生意気と思われてるかもしれないので、可愛く振る舞ってみて!

 

男性の建前と本音。言葉通りに受け取って後から「なんか違うな……?」となったことはありませんか?

そんなことになる前に、これからは相手の建前と本音を見極められる女性になりましょう!

スポンサーリンク

 - 男女 , , ,