スタバ タッチザドリップ ドタバタ中止劇全容

   

スポンサーリンク

みなさん、タッチザドリップ買えましたか?

正しくは当選しましたか?ですね。

タッチザドリップの抽選及び店頭での先着販売については過去の記事で書かせていただきました。

スタバ「タッチザドリップ」販売確定情報!!

 

スタバとBEAMSの抽選に応募し、かろうじて1つ当選しました。

しかし、奥さんが自分も欲しいというので、なんとかあと1つ手に入れる必要がありました。

 

スポンサーリンク

 

「なら、店頭での先着順にかけるしかない!」と意気込み、金曜の仕事はほとほどにして早めに帰宅して準備をしておりました。過去記事にも書いた通り、スタバからは「徹夜での順番待ちは禁止」と事前に言われておりました。

 

徹夜で並ぶなと言われて、朝から並ぶの良しと言われても、、、って感じですよね。

そこで私の予想はこうでした。

・徹夜組は避けられない。絶対に人で溢れる。

・中国人がいっぱいいるはず(転売ヤーの日雇い)

・店舗周辺がごった返すので、店舗側はそれを避けるために深夜に整理券配布。

・実質、朝からの先着順ではなく、深夜の先着順。

 

なので、私は徹夜で並ぶつもりはないのですが、整理券だけもらうために夜から店舗に行こうと思っておりました。

 

スポンサーリンク

 

向かうはお金持ちが多そうで、そんなタッチザドリップごときが欲しくて徹夜で並びませんよと思われた六本木ヒルズ ウエストウォーク ラウンジ店に向かいました。

家を出たのは21時です。21:30には現地着予定です。

 

現地に到着するともはや人が溢れかえっておりました。

予想通りに中国語をしゃべっている人や、ベトナム語と思われる言葉をしゃべっている人が多数。

その外国人らしき人たちに1,000円札を3枚ほど配っている転売ヤーの元締めらしき人もいました。。。

 

スポンサーリンク

 

列に並ぶ前に先頭から数を大雑把に数えていくと、大体200番目ぐらいでした。

スタバの事前発表では各店舗各色50個ずつとのことだったので、先着250人は何かしらのカラーのタッチザドリップを購入できるわけです。

よってちょっと安心して整理券をもらうために列に並んでしました。

 

すると、22時を過ぎた頃からでしょうか、会社帰りのサラリーマンや、学生と思しき人、さらにはまた転売ヤーに雇われたと思われる中郷人の団体がゾロゾロとやってきました。

想定で22時時点で私が並んだ列の3〜4倍相当だったので、ざっと600人から800人は居たと思われます。

 

そして時間は流れ、24時を過ぎた頃だったでしょうか、警備員が出てきて列を作るなとアナウンスし、列を解体しようとします。しかし、モノが欲しい人たちは誰もそれに従う人は居ません。

その頃にはもう列は1,000人は軽く超えていたと思います。

(どう考えても250人以上だとわかっているのになんで並ぶんだろう?)

 

列が近隣店舗の前まで及ぶような状況となり、警備員もどうしようもない状態となりました。

そうこうしているうちにジャケットを着て身なりがしっかりとしたスタバの社員と思われる人が出てきて、アナウンスし始めました。

社員「これほどの多くのお客様が並ばれると、お客様の安全を確保できかねる。販売は本社の判断で中止とさせていただきます。六本木店以外の店舗でも同様の販売中止となります。販売再開については、後日再販売方法を検討した上でご連絡させていただく。申し訳ありません。」

私としては、整理券を配って早々に並ばなくても良い状況を作ってくれるものだと思って嫌のですが、販売中止は想定して居ませんでした。

 

スポンサーリンク

 

そのアナウンスを聞くや否や、怒号と罵声が社員に向けられます。

「責任とれ!ころすぞ!こんな時間からどうやって帰れといいんだ!謝れ!土下座しろ!タクシー代出せ!ホテル代出せ!ここまでの交通費を出せ!」

などなどひどい言葉ばかりです。

中には新潟からわざわざやって来ている人もいるようで、かなりの交通費がかかっている様子。。。

さらには「コーヒーいっぱい飲ませろ!」というクレームというか、根っからのスタバ愛好者も笑

 

そんな怒号、罵声に対してスタバの社員の方は申し訳ありませんと言って頭をずっと下げたままでした。

そうこうしていると騒ぎを聞きつけた警察が出動して来ました。

 

すると蜘蛛の子を散らしたかのようにクレーマー達はすっといなくなりました。。。

 

私は当然怒号、罵声を浴びせるようは事はしませんでしたが、どうやって帰ろうかなと乗り換えアプリで帰宅のルートを検索しましたが、やはりもう終電は終わっており、始発まで待つしかありませんでした。

近くのお店で始発まで時間を潰すことにしました。

 

すると、横に転売ヤーの元締めらしき人のグループが座りました。

転売A「今日は何人雇ったんだ?」

転売B「今日はざっと50人ぐらいです。。いつもより少ないっす」

転売C「すると15万ぐらいの損失か。(日当3,000円前払いの様子)」

転売A「50個確保して、100万の儲けを見込んでいたからまさかの損失は厳しいな。」

転売B「整理券配られると思ったんすけどね。」

転売C「中止は想定外。雇った奴らにも騒がず大人しく整列してろって言ってたんだけどな。」

転売B「次の儲けネタを探そう。。。」

 

スポンサーリンク

 

横で聞いてて呆れましたよ。

50人も雇ってるんですって。しかもいつもより少ないんですって。。。

 

私も含め、徹夜はダメというルールを守らない人たちが悪いのですが、どうせこうなる事は最初から分かっていた事なんですから、大量生産していつでも誰でも買えるようにしてくださいよ。

 

お願いしますよ、大好きなスタバさん。

 

スポンサーリンク

 

以上です。

 

 - お金, 小ネタ , ,