えっもしかして…「こいつ処女かも」って疑われちゃう行動4つ

   

スポンサーリンク

付き合ってもない男性陣から、「こいつ処女かも」って疑われたらどうですか?

たいていの人が「そんなの勝手に決めないで!」と思ってしまうことでしょう。

ですが男性は知っての通り、なんでもHな方向に考えがちなので、少しの会話や態度からも「処女疑い」をかけてきます。どうしたらいいのでしょうか?

 

疑われないためには女になる!

処女の疑いをかけられないためには、女としての魅力を相手にみせることが重要だそうです。

そのためには、男性が確認してくるチェック項目をパスできるように心の準備が必要ですよね。どんな場面が危険なのか確認してみてください。

スポンサーリンク

 

 

1:ほめ言葉に対応できない

「男性に免疫がないと恋愛やエッチの経験がないのではないかと思われます。話のきっかけ程度に“○○ちゃんきれいだね”と言われて“いえ、そんなことないです”などと真面目に答えていれば“ノリが悪い・硬い”という印象を与えます。

そうなれば男女の関係に進むことも難しく、“男性経験がないのではないか?”と疑いの目を向けられる可能性は十分にありえます。

Hの経験が多い人ってノリがいい子が多いと思いませんか? 少なくとも私の周りはそうです。どちらがいいのか、悪いのかというのは別として」

スポンサーリンク

 

2:ガニ股で歩いている

「ガニ股で歩くというのは“女になっていません”と主張しているようなものです。

Hの経験があれば、自分を捧げ、アソコは守るべきものという気持ちが芽生えます。しかしガニ股で歩くと腰が前に出る状態になっているんです。無防備すぎます。

更に女性らしさに欠ける歩き方でもあります。まだ“気持ちも体も女性になっていないのかな”と、男性は感じてしまうことも……」

スポンサーリンク

 

 

3:夢を見すぎている

「白馬に乗った王子様はいないので、経験に至る機会もないです。性格や服装がふわふわしたタイプっていますよね。“可愛い”ですが一般的な感覚とズレていることが多く、経験する機会が極端に少ないといえます。

また、歳を重ねて若い頃と変わらずふわふわしたファッションを続けているのは要注意です。“彼氏いない歴=年齢”だと主張しているように思われます。恋に恋している感じが否めません」

スポンサーリンク

 

 

4:知識力高めだが経験談が薄い

「経験がないからこそいろいろ調べちゃうんです。“なんだろう?”と気になりおもむろに検索することってありますよね。

処女にとってはHもそうです。

経験者より、言語やグッズなどに詳しく頭の中はHという引き出しができるほどです。

しかしいざ経験談となると、こちらが“ん?”っとなります。知識の時の熱い熱はどこへやら、というほど薄い経験談を披露してくれます」

あなたは処女でないにも関わらずガニ股になってしまったりしていませんか? それだけでも男性の「処女疑い」からは逃れられませんよ。

電車の中で脚をかぱーっと開いて座っているのも、これでは危なそうですね。

スポンサーリンク

 

 - 男女 , , ,