NOとは言えない!? ワンナイトラブから「彼女に昇格する」方法3つ

   

スポンサーリンク

彼氏彼女関係でもないのに、一晩の関係を持ってしまう“ワンナイトラブ”。

関係を持ってしまったのは仕方がないとして、「先に身体の関係を持ってしまったけれど、彼女になりたい!」

そう思っているのにワンナイトラブ後の対応を間違えてしまうと悲惨です。

ワンナイトラブから、彼の彼女になるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

1:ベッドの中で問い詰める

一晩の関係になってしまって、内心うろたえているのは彼も同じです。告白する前に“やることをやってしまった”のですから、男性も二人の今後の関係について、どうすればいいか迷っているはずです。

あなたがその男性と正式にお付き合いしたいと思っているのならば、まだ二人の愛の余韻が残っているベッドの中で「ねぇ、私たち付き合おうよ」と彼に交際を求めましょう。

スポンサーリンク

 

 

愛の余韻があればNOとは言えない

ついさっきまで二人は愛し合っていたのですから、男性もベッドの中ではなかなかNOと言えません。

それにワンナイトラブだからといって、あなたのことを“捨てる前提”でいる男性はさほど多くはありません。

彼もあなたのことを“いいなぁ”と思ったからこそ、そういう関係になってしまったのであって、元々あなたは脈アリなのです。

逆にそのまま解散してしまうと、罪悪感などから、彼の気持ちがリセットされてしまうので、二人の関係が一晩限りで終わってしまう危険性が高くなってしまいます。

つまりワンナイトラブの後、ベッドの中で彼を問い詰めれば、彼も交際をOKしてくれる可能性が高いのです。

彼と先にHしちゃったら、その余韻が残っているうちに彼氏になってもらいましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

2:すぐに次回のデートを取りつける

彼と先にワンナイトラブしちゃったけど、そのままの流れで告白したり、告白されたりしたくないという女性も少なくないことでしょう。

身体の関係から入って、そこから付き合いだすってなんだか不健全ですよね。一度「仕切り直したい!」という女心もよくわかります。

しかし、あなたと関係を持った後の男性は時間が経つにつれて、だんだんと冷静になっていきます。早めに手を打たないと、二人の関係がこじれてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

「今度はいつデートする?」

そんなときは、彼と別れる前に“次のデートの予定”を立ててしまいましょう。

その日は解散して、一度二人の関係を仕切り直し、近いうちに行われるであろう次のデートで彼に告白すればいいんです。

そうすれば、ちゃんとした手順を踏んで、彼の正式な彼女になれますよね。

ベッドで横になりながら彼に「今度はいつデートする?」と訊ねれば、男性の中にもまだHの余韻があるので、「そうだね。じゃぁまた来週会おうよ」などと答えてくれるはずです。

彼への告白は、その次のデートで行いましょう。

スポンサーリンク

 

 

3:もう彼女になったことにする

告白の前に一晩の関係を持ってしまったけれども、「絶対に彼をゲットしたい!」と考えているのならば、Hしたという事実をもってして、“二人の彼氏・彼女関係が成立した”と勝手に解釈してしまうのもよいでしょう。

つまり、告白はなかったけれども「そういう行為があったのだから、私たちは付き合っているんだよね」という態度で彼に迫るのです。

スポンサーリンク

 

ワンナイトラブを既成事実化する

「Hしたんだから、私たち付き合ってるんでしょ?」

あなたとHしてしまった以上、彼はこの主張に文句を言えませんよね。

女性に向かって「お前はただのセフレだ!」と宣言するような男性はそうそういませんし、そんなふうにあなたのことを見ているような男性とはお付き合いすべきではありません。他の男を探しましょう。

「Hしたんだから、もう付き合っているよね」

そうやってワンナイトラブを既成事実化してしまえば、彼もあなたとの交際を受け入れるしかありません。

あなたは自然と、彼の彼女に昇格できることでしょう。

 

交際を始める前に身体の関係を持ってしまったという問題点を解決しつつ、どのようにして次の段階に繋いでいくかということが、彼の彼女になる際には大切になってくるんですね。

スポンサーリンク

 

 - 男女 , ,