それじゃイケません…! 「絶頂を知るワタシ」になるための改善点3つ

   

スポンサーリンク

エッチ……それは恋人という関係上、避けては通れない行為。

だけど多くの女性が「イクって何?」「絶頂の経験無い私っておかしい?」といった不安を抱えています。

でも、普段のちょっとした習慣が原因で“イケない”場合もあるわけで……その原因を改善すれば「絶頂を知る」ことができますよね?

早速その改善点をご紹介します!

 

 

改善点1:不健康な生活はしない

規則正しい生活は、健康や美容やダイエットにおいて欠かせない生き方ですよね。

でも実は、エッチでイキやすい自分になるためにも必要な要素だとご存知でしたか?

偏食していたり運動不足が続いたりする生活を送っていると、栄養バランスやスムーズな血流が崩れ、愛液の分泌といったイクのに大事な働きが悪くなってしまうんです。

ストレスもイキやすさの邪魔をする

また、ストレスもイクことを邪魔する最悪の要因の一つです。

ストレスを貯めると心も体もピリピリしてしまいます。そしてイクというのは、リラックスしている状態でないとなかなか味わうことができないものです。

ストレスを溜め込んで心身ともに強張った状態だと、当然イクなんて夢のまた夢。

中には、「イクためにはイイ体を作らなきゃいけない!」と無理なダイエットを始め、そのせいでストレスが溜まり、ますますイケない体になってしまうという女性も大勢います。

なので日々の生活から、できるだけ健康的でストレスを溜め込まないよう気を付けていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

改善点2:演技の中に真実を混ぜる

彼が頑張ってくれているにも関わらず、自分がイケないから申し訳なくてイッたふりをする。

付き合いたての頃はそれでもかまいません。本当は演技であっても、彼はヤル気を出して次回も頑張ろうと思ってくれます。

しかし、ずっとその演技を続けていくというのはイケません(二つの意味で)。

何故なら彼が、今のテクニックであなたはイクとインプットしてしまうからです。

それってお互いにとってよろしくない状態ですよね。

なのでコツとしては、「そこイイ!」などの演技をしている最中に、「もっと下も!」「激しくして!」などと自分が本当に感じるポイントをさりげなく混ぜていくということです。

そうすればあなたも彼も、心身ともに気持ち良くセックスを楽しめますよね!

 

 

改善点3:我慢はしない

日本人女性の典型の一つとして「貞淑さ」は、今でも根強く残っています。

もちろんそれは悪いことではありませんが、一方で、「女なのにアダルトなことに興味を持ったらダメだよね……」「エッチは好きだけど、それがバレたら彼が幻滅しちゃう!」と不安がる女性も少なくありません。

しかし時代も男性の価値観も変化していってることをお忘れなく。

むしろ、エッチ中に少しも声を出してくれない女性や、全然ノリ気じゃない女性を前にした男性陣の方が、「俺じゃあ気持ち良くなれないのかな……」と落ち込んでしまって可哀想です!

気持ち良いことに正直なのと、はしたなくて下品なのは全然違います。そして本当は気持ち良いのに我慢していると、どんどんイケない体になっていってしまいます。

なので声を出したい時は出して、気持ち良い時は素直にその旨を伝えましょう!

たとえ一人エッチしている時だとしても、気持ちよさには従順になることがイケる自分になるための重要なポイントですよ。

 

 

エッチというのは体だけでなく心との結びつきも強い分、男女ともに不安なことがいっぱいですよね。

でも、本来は恋人と楽しむための行為の一つであるわけで、不貞を働いているわけじゃないなら心の底から思いっ切り楽しんで良いわけです。

ぜひ今回の記事を参考にして、文字通り「イケてるワタシ」を手に入れてくださいね!

スポンサーリンク

 

 - 男女 , ,