恐いっ!悪い男があなたを「都合のいい女」に仕立て上げる方法4つ

   

スポンサーリンク

お付き合いをしているわけではないけれども、呼び出せば来てくれて、一緒に遊んだり飲みに行ったり、あわよくば抱くこともできる……そんな女性のことを男性は”都合のいい女”と呼んでいます。

では一体、悪い男たちはどのような方法を使って、女性を”都合のいい女”に仕立て上げているのでしょうか。

 

1:「飲んだら記憶をなくす」と予防線を張る

女性と一緒にお酒を飲んでいる際、「俺って酔うと記憶なくすんだよね」と発言するような男には注意してください。

その男性は、あなたを抱いた後で「ごめん、記憶ないんだよね」と言って逃走する可能性があります。

「酔ってたから」でヤり逃げ

あなたが「だって好きって言ってくれたじゃん!」と反論しても、悪い男性の心には響きません。「酔ってたから、覚えてない」と言い続けて、男性は”美味しい思い”だけして逃げてしまうのです。

そんなときに大人しく、彼の言い分を受け入れてはいけません。味をしめた男性が、あなたを”都合のいい女”だと判断して、また襲ってきます。

そんな悪い男とはすぐに縁を切りましょう。

スポンサーリンク

 

 

2:デートはするけど告白はしない

都合がいい女というのは、”交際したくはないけど、エッチはしたい”という女性のことを指します。

何度もデートするけれど、男性が全然告白してきてくれないようならば、あなたは彼に遊ばれているだけかもしれません。

 

都合のいい女=キープ

食事に誘われたり、デートに誘われたりはするけれど、告白はされない……そんな状態であるならば、あなたは彼にキープされている”都合のいい女”である可能性があります。

男性は「他にもいい子がいるかもしれないし」と思いながら、寂しい時だけあなたを呼び出して、遊んだり、抱くことを求めたりしてくる……なんてこともあるんです。

そこで「きっと私に気があるんだろう」と思って、身体を許してはいけません。それでは彼にとってよけいに”都合のいい女”になってしまいます。

スポンサーリンク

 

 

3:「今は仕事に集中したい」と言う

あなたを”都合のいい女”としてキープしておきたい男性は、女性から告白を受けた際、何かと理由をつけてその告白を保留にします。

例えば「今は仕事に集中したい」と仕事を理由にして、あなたとの関係をどっちつかずな状態にしようとするのです。

女性に事実上“交際関係”だと思わせる

彼女からの告白に対して、男性が「今は仕事に集中したい」と返事をすれば、女性も「わかった、お仕事がんばってね」と言って引き下がるしかありません。

しかし、「お前とは付き合いたくない」と言われたわけではありませんから、女性は「まぁ、事実上は交際関係だろう」と感じてしまうことも多く、「仕事が落ち着いたら、彼のほうから告白してくれるに違いない」と期待を抱いてしまいます。

気をつけてください。そんな”宙ぶらりんな関係”こそ、男の狙いです。

女性に「事実上は交際関係だろう」と思わせておけば、男性にとってこれほど都合のいいことはありません。他の女性とも遊びながら、あなたと遊ぶこともできるという、最高の状態を手に入れることになるんです。

 

4:「もう少し君のことを知りたい」とはぐらかす

女性から「付き合ってほしい」と迫られた際、あなたを”都合のいい女”に仕立て上げようとする男性は、甘い声で「もう少し君のことを知りたいな」と囁きます。

そこで素直に「うん、わかった」と答えてはいけません。それでは”都合のいい女”にまっしぐらです。

「もう少し」ってどれくらい……?

「もう少し君のことを知りたい」と言われたら、「彼も私のことを好いてくれているんだろう」と判断してしまいますよね。

しかし、そんなふうに相思相愛だと女性に思い込ませた男性は、美味しい思いだけをして、あなたを捨ててしまおうと考えているかもしれません。

彼の態度が怪しいと思ったら、「もう少しってどれくらい?」と彼に質問してみましょう。それで彼が答えに窮していたら、あなたを都合のいい女としてしか見ていない証拠だといえるでしょう。

 

男性に遊ばれていては不幸になるだけですし、本当の幸せも掴めません。無駄な恋愛をしている暇なんてないのですから、「もしかして私、都合のいい女なのかな」と感じたら、その男とはすぐに縁を切りましょう。

 - 男女 , ,