真実叩きつけます…!あなたが彼にとって「遊び」である証拠2つ

   

スポンサーリンク

誰もが真実の愛を探しているはずなのに、時に運命は私たちを悲しい関係に陥れることがあります。

その一つが「遊びの女」として扱われること。

この上なく尊厳を傷つけられるこの忌々しい行為。

もし捕まってしまったなら早いとこ気づいて退散したいものです。

そこで今回は、あなたが彼にとって遊びである決定的な証拠を2つご紹介します。

 

証拠1:用のない連絡が一切ない

好きな人のことはふとした瞬間に気になって仕方がなくなるもの。

「今何してる?」

「おやすみ」

なんていう何気ない連絡が一切ないのであれば、残念ながら彼はあなたを本命だと思っていない可能性が高いでしょう。

彼からの連絡は毎回夜に会う約束の為ばかりというのであれば、答えは明白ですね。

面倒な話はゴメン

遊びである以上、深い話をすると彼は嫌がります。

「私の事本当に好き?」

「どれくらい好き?」

こんな質問をしようものなら、適当にあしらわれるか、烈火のごとく怒り出すなんてこともあり得ます。

そんな時は、自分自身を大切に思う気持ちをしっかり保ちましょう。大切な自分を傷つけるような男かどうか、しっかりコミュニケーションを取って判断するべきです。

コミュニケーションすら嫌がるような相手であれば、いますぐ目を覚ましたほうが良いかもしれません。

体を許したからと言って心をモノにできるわけでは決してない

時に体の関係は親密さを生み出し、体の関係から本当の恋愛に発展することもあり得ます。それを狙って体の関係を続けるというのならば良いですが、基本的にこの行為は女性を傷つける場合がほとんどです。

体は心がつながったと実感できてから許しても遅くはありません。

スポンサーリンク

 

 

証拠2:あなたが“本命である”という話をしない

彼からあなたに対して“あなたがたった一人の恋人である”という意思表示をしていないのであれば、あなたは彼にとって本命ではないということ。

体の関係があることや、長い間彼との関係を続けていることは残念ながらイコール本命とは言えません。

本命じゃないなら絶対に嫌というのなら……

もしあなたが、

「本命になれないならもう会えなくてもいい」

というくらい強い意志を持っているのなら、彼にきちんと話してみるべきです。この話し合いは、本当にもう二度と会えなくなる可能性を秘めていますので、しっかりと心を固めてからにしましょう。

逆に、”体目的だったとしてもまた彼に会いたい”と思っているうちは決定的は話を振らない方が無難です。

彼とは会える関係を保ちながら、他に好きになれる男性を探したり、没頭できる趣味を見つけたりして徐々にフェードアウトするほうが、自分を無駄に傷つけずに済むでしょう。

いなくなって大切さがわかる場合もある

人は誰しも愛されることが大好き。自分をずっと好きでいてくれた女性が突然いなくなってしまったら、それまでそんなに好きじゃなかった相手だったとしても気になってしまうのが人間の性。

「この人じゃなければ誰もいらない!」

と思えるほど好きなのであれば、とことん甘やかしてからふっと姿を消してみるのもありです。

 

スポンサーリンク

 

男と女の関係は一筋縄に行かないもの。悲しい関係がいつのまにか幸せな関係になることもあれば逆もしかりです。

相手に遊ばれていると感じることはとても苦しいことですが、全ての恋愛に必ず意味があると信じて、ひねくれずに愛を貫きたいものですね。

 - 男女 , , ,