遊びは絶対許さない…熱すぎる!女達の「ワンナイトラブ事情」3つ

   

スポンサーリンク

みなさんはワンナイトラブにどのようなイメージをお持ちですか?

SNSや婚活パーティーなど、出会いの幅がぐんと広がった現代の恋愛市場においてはエッチへのアプローチや考え方にも変化が起こって当然。そんな中BLUEBIRDの調査により、赤裸々なワンナイトラブの実情が明らかになりました。今回は女たちのワンナイトラブ事情を3つご紹介します。

 

初めてワンナイトラブをしたのは40歳以上が最多

意外にも、41歳以上で初めてワンナイトラブを経験した人が約60%にも上ることがわかりました。2位は18歳以下の12%ですから、その差が歴然としています。

ワンナイトラブは”一晩の過ち”と捉えられがちですが、もう成熟した大人である40代の女性たちが足を踏み入れる場合、10代のそれとは明らかに異なることは確かなはずです。

思惑が見え隠れする大人のワンナイトラブ

10代のワンナイトラブは言ってしまえば子供過ぎたがゆえ。でも40代のワンナイトラブにはどうも大人の事情が大いに絡んでいそう。

もっと詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

 

 

出会いの1位は婚活パーティー

婚活パーティーに行っている以上、出会いを求めているのは確実。つまり

「何気なく声かけられた相手と成り行きでエッチしちゃったー」

は通用しません。

ワンナイトラブの相手が婚活パーティーで出会った人であるなら尚更、お互いに裏の思いが渦巻いていそうな予感がプンプンします。

「セクシーだったからやりたくなった」

だけでは済まされない、”本気”さと、

「エッチしてみないとやっぱり何もわからない。」

という大人の事情が混じりあった、奥深い行動と言えそうです。

スポンサーリンク

 

 

「付き合いたかった」が理由1位

それを裏付けるのがこの調査結果。

女性がワンナイトラブをした理由の1位が「相手と付き合いたかったから」。若い頃ならまだしも、きちんと自分を愛する大人の女は、ただの遊びで一晩のエッチを楽しむなんてえげつない真似はしません。

未来が見えるからこそ今日やる。大人のワンナイトラブにはそんな覚悟と将来に掛ける思いが渦巻いているのです。

一度してしまうとクセになる

同アンケート調査で、ワンナイトラブをしたことがあるかどうかという質問に対し、1位は「経験したことがない」で38%。一方僅差で2位となったのが「5回以上」で36%という結果であることが分かりました。

つまり、ワンナイトラブには抵抗があるけど、一度してしまうともう何回しても一緒というような心理状態になりがちなようです。

 

スポンサーリンク

 

ワンナイトラブはもはや過ちではなく戦略といっても過言ではないほど大人の恋愛に欠かせないものになりつつあるようです。

とはいえ本気であるがゆえに傷ついてしまうのもまた真実。自分の心を一番大切に考えながら恋愛をしたいものですね。

 - 男女 , ,