世界が終わりそうになった出来事TOP8|ランキング

   

スポンサーリンク

世の中、世界のどこかで様々なことが起こっています。

 

海外で起こったことはニュースにならない限り、日本人の我々は知る由もありませんよね。

 

そんな世界の出来事の中で、世界が終わりそうになった出来事、地球滅亡寸前となった出来事をご紹介いたします。

 

8.ボニージャ彗星

1883年、天文学者のホセ・ボニージャが2日間で447個もの物体が上空を行き交う状況を観察しました。

s_11898_main

すぐに天文学会に報告したのですが、他に観測者がいなかったため、この出来事は大きく取り上げられず、忘れ去られてしまいました。

 

しかし、2011年に再度この報告に注目が集まり、恐ろしいことが発覚したのです。

 

ボニージャが観測したのは、彗星の破片でなんと10億トンもの重量がある巨大なものでした。

 

そんな破片が447個も地球から500km程度しか離れていないところを通過していたのです。

 

一つでも落ちていたらひとたまりもなかったことでしょう。

 

7.ペストの大流行

ペスト菌に感染したネズミの血を吸ったノミが、人の血を吸い、その人が感染してしまうペストが14世紀に大流行しました。

 

当時の世界人口は4.5億人だったのですが、この大流行により3.5億人になりました。

 

約1億人もペストにより病死してしまったのです。

 

発病すると、光熱が出て、リンパ節が腫れ、さらに肝臓、臓器に感染して炎症し、やがて死亡してしまいます。

 

当時はペストに感染しないように下記画像のような奇妙なマスクも流行しました。

s_kaiakai

 

6.太陽嵐

1959年、観測史上最大の太陽嵐が発生しました。

s_karapaia_52204865_1

それにより地磁気の嵐を引き起こし、オーロラが世界中で観測されました。

 

また、地球上の電信機器がショートするなど影響を及ぼしました。

 

通信機器で成り立っている現代で同じ規模の太陽嵐が発生した場合、その被害は甚大なものになるでしょう。

 

まず会社は休みになるでしょうねw

 

スポンサーリンク

 

5.弾道ミサイル早期警戒システムの故障

1961年、アメリカの指令センターは異常な緊張感に包まれていました。

 

なんとアメリカの航空軍隊が3つのミサイル基地と通信ができなくなってしまったのです。

 

アメリカはソ連(現ロシア)からミサイル攻撃を受けたと想定し、1700機もの攻撃爆撃機を待機させていました。

 

攻撃開始まで残り12分となった時に警報網の単なる故障ということが分かり、核戦争を止めることができたのでした。

 

4.タンボラ山の噴火

1815年、インドネシアにあるタンボラ火山が噴火し、8.8万人が犠牲となった。

tanbora

その威力はすさまじく、噴火の爆発音は1750km先まで響き渡るほどでした。

 

1750kmというと、だいたい東京ー沖縄ぐらいです。東京の物音が沖縄まで聞こえるなんて、、、

 

さらに500km離れた島まで火山灰が降り注いだとのこと。

 

500kmというと、だいたい東京-京都ぐらいです。

 

その火山灰が3日間降り注ぎ、その年は世界中が灰に覆われることになりました。

 

結果、日光が遮られ、異常低温となり農作物が育たず、世界的な食糧飢饉となりました。

 

この状況は翌年まで続き、翌年は夏が無い1年と言われました。

 

スポンサーリンク

 

3.スペイン風邪

1918年、世界人口の約3割にあたる5億人が感染し、1億人が病死するという史上最悪のインフルエンザが大流行しました。

 

この時の症状は、気管支炎となり肺に水が溜り死亡するというものでした。

 

このインフルエンザウィルスは、現代のウィルスよりも30倍もの速さで増殖する能力を持っており、強い致死性と免疫反応の調節に異常を引き起こす病原性を持っていました。

 

2.ノルウェーロケット事件

1990年代、ロシアのレーダーにノルウェー沖から急上昇する物体が映りました。

 

もし、核弾頭だった場合、約15分で首都モスクワに到達するスピードであったため、当時の大統領であるエリツィン大統領は約8分間という短時間の間で報復攻撃をするかしないかの決断を迫られました。

 

幸運なことに決断が下す前に、ロケットが墜落し、ロシアは報復攻撃をせずに済みました。

 

墜落した物体は、北極圏の探査用ロケットで打ち上げられたものでした。

 

スポンサーリンク

 

1.クレブシエラ・プランティコラ

1990年、ある企業の研究室で生ごみを処理する細菌を作り販売しようと計画していました。

 

その最近は土壌テストも通過し、安全性が確認されていましたが、他の研究者チームによりある問題を指摘されました。

 

この最近はその周辺に生えている植物を1週間以内に全て枯らすという能力を持っていたのです。

 

さらにはこの最近は繁殖能力がすごく、どんどん拡大していくことも分かりました。

 

もし、一般の土壌で使用されていた場合、地球上のすべての植物を枯らし、食糧大飢饉を引き起こしていていました。

 

おしまい

 

 - ランキング , ,