入社最難関企業マッキンゼーとの仕事

   

スポンサーリンク

マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社、皆さんご存知でしょうか?

アメリカ資本のコンサルティング会社です。

 

新卒入社、中途入社は最難関と言われ、ピラミッドの頂点に君臨する企業で、仕事は激務、その代わり成果に伴って超高給が支払われる会社です。

 

27歳で1200万円、もっと上を行けば億の単位で給料が出るそうです。

 

そんな方々と仕事で接する機会がありましたので、身バレしない程度にご紹介します。

 

仕事のきっかけとしては、私が属する会社がマッキンゼーにコンサルティングを依頼したというのが始まりです。

 

スポンサーリンク

 

こんなことがしたい、あんなことがしたいと相談し、契約期間を1ヶ月で契約に至りました。その契約金はなんと6,000万円
この金額で何人来るのかと思ったら、数人。。。。
1ヶ月ですよ。1ヶ月。1年の契約金ではないですよ。

 

で、出てきた担当は皆若い方ばかりで、礼儀正しい方ばかりでした。

 

皆さん英語が堪能で、英語が話せないと社内で仕事にならないとのこと。

 

帰国子女の方ばかりだろうと思っていたのですが、聞いてみるとそういう方ばかりではなく、入社してから必死で勉強したという方が多かったです。

 

また、とある会話の中で聞いたのですが、入社できても、2年間でなんらか成果が出せなかった場合は、遠回しに肩たたきがあるようで、会社を辞めなければならないそうです。

 

超トップ企業であるがゆえに厳しいようですね。

 

コンサルティングのアウトプットですが、いくつか資料をいただきましたが、文字ばかりで読むのが大変。

 

これが1ヶ月6,000万円を払ってまでの成果物か?というのが本音です。

 

私のレベルが低すぎて、凄さに気づけていないのかも。

 

とはいえ、マッキンゼー以外にもアクセンチュアなど有名どころのコンサルティング会社ともお仕事させていただきましたが、アクセンチュアの方が価格面と成果物からしてお得だと感じました。

 

上記が正直な本音ですが、私たちの会社のレベルが低すぎて正しい情報をマッキンゼーに与えられなかったので、大した成果物が出てこなかったのだと推測します。

それにしても超トップ企業、数字でいうとサラリーマン全体の小数点以下の%の方々と仕事で接する機会が持てたのはうれしかったです。

 

スポンサーリンク

 

おしまい

 - お金, ランキング, 小ネタ