玉子と卵の使い分け方とは?

   

スポンサーリンク

卵と玉子は違う?

自分だけかもしれませんが。誰しもが一度は疑問に思ったことがあるであろう、「卵」と「玉子」の違いについてご紹介いたします。
また、同じく多くの人が悩む「赤卵」と「白卵」の違いについても徹底的にご紹介しますよ。

これを読めばきっとあなたも「たまご」の使い分けができるようになって、飲み会で人気者間違いなし?

「卵」とはどういうもの?

一般的には生物学的な意味でのたまごを「卵」と表記することが多いのだそうです。

つまり、動物のたまごなど、子孫を残すためのものであって、このあと孵化(ふか)して成長していく生き物に関しては「卵」と示すのだとか。「亀のたまご」や「ニワトリのたまご」などが分かりやすい例ですね。

さらに、調理前のたまごを「卵」とする説もあるようで、それに従えば、食用であってもたまごかけご飯や生たまごなど、生の状態で食べるものに関しては「卵」と表記することになりますね。

じゃあ「玉子」とは?

お皿に盛られたスクランブルエッグ
生物学的な意味合いや調理前のたまごを「卵」と表記するのに対し、「玉子」は食用を目的としたものを指すことが一般的です。

そもそも「玉子」と言うのはもともと使われていた漢字ではなく当て字だそうで、「宝石のように優れていて美しく丸いもの」というところから名前がつけられたようです。

また、一文字づつにも意味があり、
・た…「妙(たえ)なる」(価値の高いもの)
・ま…「丸」
・こ(ご)…「愛称」
という説もあるようです。

確かに女優やモデルの肌を「たまごのようにきれい」と言ったり、かたちが整った赤ちゃんの頭を「きれいなたまご形」など、優れた状態を表す褒めことばとしてよく使用されていますよね。

スポンサーリンク

けっきょく「卵」と「玉子」の違いは何?

目玉焼きとパン
「卵」と「玉子」の違いについてご説明しました。なんとなく違いは分かったものの、諸説あるため、明確な基準は?と聞かれると答えにくいですよね。

分かりやすくまとめると、

「卵」…生物学的な意味合いや生もの(調理前)、生まれたままの姿

「玉子」…食材としての意味合いや調理済みのもの、にわとりのたまご
となります。つまり、同じ鳥類であっても野生の鳥のたまごは「卵」、スーパーで並んでいるたまごは「玉子」と言うことになりますね。

▶「卵焼き」は間違い?

三切れの卵焼き
それでは、よく見る「卵焼き」という表記は間違いなのでしょうか。

結論から言えば、「卵焼き」という表記は間違いではありません。現にNHK放送文化研究所では、「卵焼き」という表記をおすすめしているようです。レシピとしてみれば、原材料の“卵”を“焼く”わけですから、「卵焼き」という表記にも納得できますよね。

ただ、レシピサイトなどでは料理として「玉子焼き」という表記もよく見かけます。ぱっと文字を見たときに、こちらのほうがやわらかそうに見える、しっくりくるという方も多くいるようですね。

▶「温泉卵」は間違い?

「たまご」とつく料理名はまだまだあります。とろりとした食感が魅力的な「温泉卵」。この表記は間違いだと思いますか?火を通しているため「温泉玉子」の方が正しいのでしょうか。

グーグルの検索結果によると、「温泉玉子」よりも「温泉卵」のほうが圧倒的に多いという結果に。一般的に多く使用されているのは「温泉卵」であるということがわかりますね。生に近い状態だから「温泉卵」だ、なんて意見もあるようです。
なかなか明確にすることは難しそうです。

スポンサーリンク

赤卵と白卵の違い

「卵」と「玉子」の違いについてご説明しましたが、たまご関連でもうひとつ疑問に思うのが「赤卵」と「白卵」の違いではないでしょうか。

最近ではビタミンEなどの栄養成分がぎゅっと凝縮されたたまごも販売されていますよね。そのようなたまごは値段も高いことから、なんとなく「赤卵の方が栄養価が高くて体にいい」「赤卵の方がおいしい」と思っている方も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと、赤卵も白卵も栄養面での違いはありません。赤卵の方がおいしいと感じるのも値段が高いからそのように感じるだけであって、赤卵の方が質がよいということも一切ないのです。

▶なんで赤卵の方が高いの?

まずご説明しておきたいのは、そもそも殻の色は鶏の種類が関係しているということです。一般的に白卵を産む鶏は羽が白や淡色で耳たぶも白く、赤卵を産むにわとりは羽が赤茶色や黒色で耳たぶが赤い鶏とされています。

赤卵の方が白卵よりも値段が高いということについては、赤卵を産むにわとりの方が白卵を産むにわとりに比べてエサを食べる量が多く、エサ代がかかっているからだと言われています。

農家や会社によって差はあるものの、一般的にはどちらの鶏も同じエサで育てられています。生産者にとっては白卵を産む鶏の方が飼育コストもかからないため、価格も下げられるので効率的ではあるのですが、店頭に並んだ際の価格の違いによって私たち消費者は「赤卵の方が栄養価が高い」「赤卵の方がおいしい」と思い込んでしまっていたのですね。

にわとり以外の卵の場合は?

一般的に、にわとりのたまごは「玉子」と表記するとご説明してきましたが、ほかの動物や魚の場合はどのように表記するのでしょうか。

たとえば、同じ鳥類の仲間でもうずらの場合はたとえ食用でも「うずらの卵」と表記するのが一般的とされています。「うずらの卵の水煮」などメニュー名も「卵」表記が多いですね。

そして魚類の卵に関しては、調理済みであっても「玉子」とは表記せず、「卵」とするそうです。「ししゃもの卵」とはいいますが、「ししゃもの玉子」とはほとんどいいません。なんだか日本語って奥が深く、難しいですね。

 - 小ネタ , ,