バイバイキーン!「風邪ひいた彼」に恨まれず部屋を退散する方法4つ

   

スポンサーリンク

寒くて空気も乾燥するこの季節、風邪やインフルエンザが流行して怖い時期ですね。

彼の部屋に遊びに行った際、ゴホゴホ……と彼が風邪気味だったらどうしますか?

風邪をうつされては大変ですから、できるだけ速やかに、でも「冷たいやつ!」と思われない様に脱出したいところ。

そこで今回は、風邪っぽい彼の部屋から自然な流れで逃げ出す方法をご紹介します。

 

1:「なんか空気が淀んでるよ」と言う

部屋に遊びに行って、彼が風邪気味だった場合、すぐさま「この部屋、なんか空気が淀んでるよ」と言いましょう。

「空気が淀んでいる」とはつまり「ウイルスが部屋中に充満している気がする」の言い換えですから、男性にそれとなく不快感を伝えることができます。

彼女に「空気が淀んでいる」と言われれば、鈍感な男性も“自分は風邪を引いているのかもしれない”と自覚しますし、そんな空間に彼女を置いておくことを申し訳なく思うはず。

彼に“申し訳なさ”を感じさせることができれば、引き止められることもありません。あとは好きなタイミングで脱出するだけです。

 

2:「帰るから、ゆっくり寝てね」と気遣う

彼の部屋に長居してしまうと、それだけ風邪をうつされる危険性は高くなると予想されます。

彼が風邪の症状を見せていたら、「大丈夫? 私、もう帰るから、ゆっくり寝てね」と気遣いを見せつつ、お部屋デートをキャンセルして、速やかに部屋から脱出しましょう。

しかし、そのまま帰宅するのは、さすがに彼が可哀想です。

本当に帰宅する前に、近所のコンビニやスーパーで食料や薬を買ってきてあげましょう。

そうすれば彼も助かりますし、あなたの印象もアップします。

スポンサーリンク

 

3:「なんだか調子悪くなってきちゃった」

風邪気味の彼の元から早く逃げ出したい場合、「なんだか調子悪くなってきちゃった……」と嘘をついて帰宅するという方法も効果的です。

彼に風邪の自覚症状がある場合、「もしかしてうつしちゃったかな?」と申し訳なさを感じるはずなので、すぐにあなたを開放してくれることでしょう。

嘘でもいいので、彼に体調が悪くなったと言いましょう。早く逃げ出さないと、本当に体調が悪くなってしまいますよ。

 

4:「明日大事な仕事があるから」と嘘をつく

風邪っぽい彼から早く離れたいのであれば、正直に「今日風邪っぽいよね? 私、うつされるの嫌だから帰るね」と言い放つのも選択肢の一つです。

大人なのですから、自分の体調管理は最優先事項ですよね。

しかし、気の弱い女性は堂々と「私、帰る!」なんて言えないこともあるでしょう。そんなときは“仕事”を理由にしてください。

「明日、大事な仕事があるから絶対に風邪ひけないの……」と言えば、男性もあなたのことを無理には引き止めません。そうやって彼の部屋から脱出しましょう。

 

いかがでしたか?

“彼が風邪っぽい”と思ったら、その日のデートはすぐに解散にすべきです。あなたと会い続けて、彼の体調が悪化しては大変ですし、あなたまで体調が悪くなってはデートの意味がありません。

ときには心を鬼にして、彼とのお部屋デートをキャンセルしてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

 - 小ネタ, 男女, 病気 ,