戦略的に出会いを増やすための根本的な考え方

   

スポンサーリンク

出会いがないという悪循環サイクルから抜け出す戦略

いつも言われていることですが、男性は社会人となり、仕事に追われるにつれて、どんどん「異性との出会い」から遠ざかる傾向にあります。

もちろん、異性との出会いが絶えない男性も一定数存在しますが、「出会いがない」という悩みを慢性的に抱えている男性は、何か根本的な対策を打たなければ、永遠に異性との接点に恵まれることはないでしょう。

皆さんは普段、出会いを作るためにどんな努力をしているでしょうか。

「知り合いに異性を紹介してもらう」「街頭でナンパをする」「クラブに行ってナンパをする」「出会い系サイトへ登録する」「婚活イベントなどに参加する」など、世の中には「出会いにまつわるプラットフォーム」が沢山あり、これらを積極的に活用することこそが、「出会いを作るための努力だ」という人も多いでしょう。しかし、これが先ほど述べた「出会いのための根本的対策」となるのでしょうか。

 

 

既存の「出会いパッケージ」に頼ってはいけない

例えば、知人友人を通じての「紹介」であれば、実際は「バーベキュー」「身内同士の食事会」という形をとることが多いため、「自然な出会い」として多くの人が「紹介」を理想とするようです。

しかし、婚活パーティーなどの街コン、出会い系サイトなどはどうでしょうか。これらの不特定多数を対象にした「集まり」は、必ず主催者が存在します。しかも、当然ですが、決して慈善事業として「世の中の出会いがない男女をカップルにしたいという純粋な動機」で開催する訳ではありません。

出会い系サイトにしても、婚活パーティにしても、運営の要となるのが「女性参加者をいかに集めるか」がカギとなり、多くの場合、女性は参加することで男性よりも「何らかのメリット」が得られる仕組みになっています。

出会い系サイトであればキャッシュバック、婚活パーティなどでは、サクラ女性などが、巧妙に配置されているものです。

もちろん、運営者側から「バイト代出すから参加して」などと言われて、非常に軽い動機で参加するケースも多くあります。

スポンサーリンク

 

 

 

求めるばかりでは異性も同性も惹きつけられない

このような状態で、男女が向かい合っても、女性は男性を「条件検索」するかのようにスペックを重視しがちです。

年収やルックスなど、分かりやすい基準で見定められるだけでなく、こうした場に出てくる女性は、何故か相手に求める理想が高くなり、会話の楽しさ、女性への扱いなど、男性を「評価する側の視点」で品定めする心理状態に陥りがちです。

このことから、求めているだけの人間が集まる婚活パーティなどの「既存の出会いパッケージ」では、お互いに「本当の意味で相手を見る」ことができず、単なる「主催者側のよいカモ」となってしまいます。

 

 

自分が「会いたい」と思われる側になる

それよりも、まず自分自身が「異性から会いたい」と思われる存在になることに力を注ぐ方が、遠いようで近道となります。

「楽しいことをいつもやっている」「仲間内でイベントを主催している」「とある趣味の分野で地域で有名である」など、少しでも話題性のある人間になることが、「男女問わず人が集まる人間」となる近道となります。

プライベートでどんな活動をしていれば、「人が自分のところに集まってくるか」を考えていくことで、出会いのない状態から脱却できるヒントが得られるはずです。

頑張りましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

 - 男女 , ,