【女性必見】恋も丸焦げ!男が一発でガッカリする「焼肉デートのNG行為」ベスト3

   

スポンサーリンク

「一つの鍋を囲むと相手との距離が縮まる」と言いますが、“一つの鉄板”を囲んでも相手との距離がグッと縮まりますよね。

そう、“焼肉デート”って彼と一緒に調理&お肉を味わう体験を共有できるので、心身ともに距離が縮まりやすいデートなんです。

しかし、そんな“焼肉デート”でも、彼を一発でガッカリさせてしまうNG行為があるのをご存知ですか?

 

 

NG第3位:注文しすぎる

彼との“焼肉デート”が嬉しすぎて、ついついアレもコレも……と注文していませんか?

もちろん“焼肉デート”にはしゃぐあなたを、彼も最初のうちは「可愛いなぁ」と思いながら眺めていてくれることでしょう。

しかし注文しまくった肉や野菜が残っていき、最終的にあなたが「もうお腹いっぱ~い」「ムリ~、入らな~い」なんて言おうものなら、彼は内心であなたに冷めてしまうことに。

支払いをする側として「さんざん頼んでおいて……」という気持ちがあるのはもちろん、そもそも“注文したものを残す”という行為が食事のマナーとしてもドン引きされてしまうのです。

なので“焼肉デート”では、はしゃぐのは結構ですが注文は控えめを意識しましょう。

スポンサーリンク

 

 

NG第2位:肉を焦がす

これもまた、食べ物を無駄にする行為として、彼からガッカリ&ドン引きされやすい行為の一つです。

彼との会話に夢中になっていると、ついやってしまう行為なので要注意。

これを回避するには、鉄板を埋めるように肉や野菜を並べてしまうのではなく、できるだけ最低限の量のみを鉄板の上に置くことです。

自分が思っているよりも早く火が通ることを意識しておけば、必然と食材を放置しないよう気を付けることが出来ます。

また、もし焦がしてしまった場合は、男性の会話が楽しくて。。。と一言添えて謝りましょう。

ミスは誰にでもつきもの。ミスしてしまったら謝ればよいのです。

スポンサーリンク

 

 

 

NG第1位:人の焼き方に口を出す

これは“焼肉デート”のみならず、他のデートでも嫌がられる行為ですよね。

鍋奉行と同じく、つい“焼肉奉行”になってしまう女性ってけっこういます。

最初のうちは彼も楽しく聞いてくれるでしょうが、何でもかんでも口出しされると、だんだんと「この子と付き合うと、今後も色んなところでこういうふうに口出しされるのか……」とお付き合いそのものに嫌気が差してしまいますよ。

 

人の肉を奪うのはもってのほか

また、彼が焼いた肉を「美味しそう~!」と言いながらちゃっかり自分が食べる……なんてことはしていませんか?

ある程度は彼もあなたのために肉を焼いてくれるかもしれませんが、それを当たり前のことだと思って焼けた傍から肉を奪っていたら、彼にとっては何一つ楽しくない“焼肉デート”になってしまいます。

何より“人の肉を奪う”という行為が非常に卑しいため、人間性の面でもガッカリされてしまうことでしょう。

 

本来“焼肉デート”は、彼との距離を縮める絶好のチャンスなのです。

だからこそ、そのチャンスをこれらの“NG行為”で無駄にしてしまうのは非常にもったいない!

ポイントは「彼とお肉に気を遣う」こと。それさえ気を付けておけば、彼との恋がよりいっそう燃え上がることでしょう!

スポンサーリンク

 

 

 - ランキング, 男女 , , ,