バレバレでぇ~す! あっという間に「彼の本音」を引き出す3つの方法

   

「結婚する気があるのかないのか」

「彼女にどんなことを求めているのか」

「私のこと本当はどう思っているのか」

など、“彼の本音”を知りたくなる場面ってたくさんありますよね。

ですが男の人ってなかなか本音を言葉にしてくれないもの。

なので今回はとっても簡単に“彼の本音を引き出す方法”をご紹介します!

スポンサーリンク

 

1:目的を1つに絞って不意打ちで質問する

彼に直球で質問をするのなら、目的を1つに絞り、不意打ちを狙って質問をしましょう。

人間は会話をする時、常日頃頭に浮かべていることを無意識の内に口にします。

つまり、質問をして第一声で出た言葉が”彼の本音”に限りなく近い言葉だということなんです。

“彼の本音”を聞き出すためには、彼が時間をかけて考えて出した言葉ではなく、無意識に出す言葉の方が大事だということ。

そのためにも、不意打ちを狙って考える隙を与えない中で質問をすることで“彼の本音”がわかるわけです。

また、難しい質問や内容が複数ある質問だとどうしても頭で考えてから答えてしまいます。

質問はできる限り具体的に分かりやすく、内容を1つに絞ってするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

2:ネガティブな言葉をわざと使って質問する

ネガティブな言葉をわざと使って質問すると、彼が言うのを躊躇っている本音を引き出しやすくなります。

「この料理美味しくない」「彼女の愛情がちょっと重い」「結婚はまだ先伸ばしにしたい」など、こういったネガティブな本音ほど発言できませんよね。

でも彼との絆をより深めるためには、お互いの欠点を指摘できするれらのネガティブな本音を見せ合うことが大切です。

なので例えば、「今日の料理美味しかった?」と質問するのではなく、「今日作った料理味が薄かったかな?」と自分からネガティブな感情をオープンにして質問してください。

そういった質問の仕方をすることで、彼も「言ってもいいんだな」と感じて「そうだね。もう少し味付け濃い方がいいかな」と本音を言ってくれるわけです。

 

 

3:第三者の話を使って質問する

第三者の話を使い一般論として質問をするのも、本音を聞き出すのに効果的です。

例えばテレビ番組を題材にして「30代でもやっぱり男の人って結婚に踏み切れないものなの?」と、あくまで一般論としての意見を聞いてみたり。

「彼女がいるのに結婚しない宣言している知り合いがいるんだけど、どうしてだと思う?」と、他社の例を挙げて見解を求めてみてもいいでしょう。

一般論として聞かれていますが、彼は自分に置き換えて考えて答えるため、質問に対する彼の本音を聞き出すことができるのです。

ただし、深く掘り下げて質問を繰り返してしまうと、不快な気分にさせてしまうので、注意しましょう。

 

このように、ちょっとした“方法”を使うことで、“彼の本音”をあらゆる場面で聞くことができるわけです。

もちろん“彼の本音”があなたの望むものばかりとは限りませんが、それは彼があなたのことを思ってのことでもあることを忘れずに!

スポンサーリンク

 

 - 男女 , , ,